ランニングウェア用の素材を比べる

トレイルラン
広告



ランニングウェアはどういう基準で選んでいますか?

私はモチベーションを保つ意味でもファッション性は重要だと思いますが、最低限の機能性があってのことだと思います。

では、ランニングウェアに求められる機能性とはどういったものか、各メーカーがランニングウェア用の素材としてどのようなものを使っているか比べてみました。

AdidasのCLIMACOOL

「CLIMACOOL(クライマクール)」とは何ですか。

回答
ウェアやシューズ内部に風を呼び込んで、肌と生地素材の間の熱や蒸れを取り除くテクノロジーが、「CLIMACOOL(クライマクール)」です。
換気(ベンチレーション)効果で快適さを保つことで、疲労とパフォーマンスの低下を防ぎ、ベストパフォーマンスをサポートします。
使用素材には、吸汗性と速乾性に優れた機能を兼ね備えた素材を採用しております。

「CLIMACOOL(クライマクール)」とは何ですか。 | FAQよくある質問 - adidas
ウェアやシューズ内部に風を呼び込んで、肌と生地素材の間の熱や蒸れを取り除くテクノロジーが、「CLIMACOOL(クライマクール)」です。 換気(ベンチレーション)効果で快適さを保つことで、疲労とパフ

NIKEのDRI-FIT

NIKE DRI-FITとは?

Nike Dri-FITテクノロジーは、さらりとした状態をキープする画期的なポリエステル素材です。長時間激しいプレーをしても快適な着用感が続きます。Dri-FITには独自の高性能マイクロファイバー構造を採用し、自然な体温調節をサポート。汗を逃がしてウェアの表面に均一に分散させることで、すばやく蒸発させます。

Dri-FITのウェアは、インナーとして着ても1枚だけで着ても効果を発揮します。直接肌と接することで、さらりとした状態をキープできます。また、Dri-FITの速乾性は永久的に持続するので、安心して、思いきり汗をかいてください。

Nike Dri-FITとは?| Nikeヘルプ
Nike Dri-FITテクノロジーは、さらりとした状態をキープする画期的なポリエステル素材です。長時間激しいプレーをしても快適な着用感が続きます。

ASICSのGEL-COOL

衣服内冷却効果
効率的に衣服内の冷却効果を促進することができる位置に配置された、ポリウレタンを使用した吸水性のある樹脂であるGEL-COOLプリントによってより快適なパフォーマンスが生まれる。

通気性
GEL-COOLプリントが汗を吸い取り膨らむことで肌と生地の間に空間ができ、空気が通りやすくなることで清涼感が持続する。

適応性
スポーツシーンも日常でも、この一枚で。汗に反応するASICSのGELテクノロジーによって、清涼感が持続する。

GEL-COOL 2 | ゲルクール 2 - ASICS JP
【ASICS公式】夏でも快適なトレーニングウェアならアシックス。清涼感を生み出す背中のゲルプリントの形状をアップデート。クーリング効果、衣服内冷却効果が向上。

素材からみたランニングウェアの選び方

やはり、ウェアの素材としてはランニング時に汗をかいたことを想定して、快適性を確保するため、体温調節を助ける機能に重点が置かれているようです。今回、紹介したメーカー以外でも、体温調節を助ける機能に配慮されているかを確認してから購入してください。また、メーカーが同じでもラインナップによっては違う素材だったりしますのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました