マラソンや箱根駅伝を見ていると専門的に走っている方でもいろいろなランニングフォームがあるのがわかるとおり、ランニングフォームに正解はありませんが、ウェブで比較してみたいと思います。あなたにぴったりのランニングフォームを是非見つけてください。また、正しいランニングフォームは怪我の予防にもなります。


金哲彦氏による宣伝も含めたフォームの重要性と腕、脚などの各パーツごとのチェックポイントを動画で解説してくれています。また、ナイキランニングクラブで、理想のフォームやトレーニング方法のレクチャーを受けることが可能です。

.」
体に専用のマーカーを装着して、実際に走ってランニングフォームを診断してもらえます。

「F.O.R.Mはまず、複数の研究者のランニング、スポーツ科学の知見と、複数のランニングコーチの実践の知見を融合させた暗黙知(知識や経験)とさまざまなレベルのランナーのスポーツバイオメカ二クスデータの形式知(力学・動作データなど)の関係を統計的に導き出すことにより、よいとされる共通のランニング動作のポイントを発見し、それを得点に結びつけた独自のランニングフォーム診断技術なのです。

気になるお値段は、ランニングフォームを診断してもらえるベーシックコースで3,000円+税と意外にリーズナブル。専門スタッフからマンツーマンでアドバイスがもらえるプレミアムコースもあります。

関連記事

身体測定をしよう 最大酸素摂取量やAT値などの説明をしましたが、もっと正確に身体測定したいという方におすすめの施設を紹介します。 東京体育館/施設利用ガイド/健康体力相談室 では、全持久力測定と筋力測定が受診できるとのことです。 ・全持久力測定 全身持久力測定は、運動中の血圧・心拍数・心電図を見て呼吸循環機...
インターバルトレーニング 方法 ランニングと目標とするペースより早いペースを交互に走ります。 トータル20~30分程度で、距離又は時間で区切って行います。 効果 心肺能力の大幅な向上 留意点 運動前に十分体を温めてから臨みましょう。 運動強度が高く、ケガ予防のため体調...
ビルドアップ走 方法 徐々にペースを上げていく方法です。最後は目標とするペースより早いペースで走りましょう。 最初は3~5km程度から始めるのが一般的なようです。1km毎に、3~4段階で徐々にペースを上げていきましょう。 距離ではなく、時間で区切ってペースを上げるなどのバリエーションもあります...
VDOTその2 ~最大酸素摂取量~ VDOTその1 ~最大酸素摂取量~の続きです。 ④どうすれば目標値まで向上するか? Jack_Daniels氏は以下のペースでのトレーニングを提案しています。下にいくほど強度が増します。トレーニングのやりすぎは怪我につながりますので、あせらず取り組んでくだ...
LSD(Long Slow Distance) 方法 長距離をゆっくり走ります。 本当の意味でのLSDは初心者や一般ランナーには難しいかもしれません。ペースは諸説あるようですが、E (Easy) & L (Long) Runs程度で走りましょう。 効果 有酸素能力の向上 エネルギー生産能力の向上 ...