AT(Anaerobics Threshold 無酸素性作業閾値)は、

運動の強さを増していくとき、筋肉のエネルギー消費に必要な酸素供給が追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値

最近ではより具体的な指標として、乳酸性作業閾値(Lactate Threshold:LT)、換気性作業閾値(Ventilation Threshold:VT)、血中乳酸蓄積開始点(Onset of Blood Lactate Accumulation:OBLA )などを用いるようになってきていますが、これらを総称したものをATと呼んでいる場合もあります。
e-ヘルスネット

とのことです。

LT(Lactate Threshold 乳酸性作業閾値)は運動強度を増していくと今までの傾向と比べて急に血中の乳酸が増加しだす運動強度を示し、VT(Ventilation Threshold 換気性作業閾値)は運動強度を増していくと今までの傾向と比べて急に呼吸量が増加しだす運動強度を示します。

以上のようにLTとVTは違う指標なのですが、ほぼ一致します。アスリートの方でなければ、マラソンなどの長距離ではこのレベルまたはその少し下の運動強度を意識して、ペースを設定すればよいということになります。正確なLTやVTを知りたい方は身体測定をしようでも紹介した機会を利用して測定されてはいかがでしょうか。

ちなみにOBLA(血中乳酸蓄積開始点 Onset of Blood Lactate Accumulation)は血中乳酸濃度が4ミリモルとなる強度とのことです。こちらはアスリートの方の目安となります。

関連記事

VDOTその2 ~最大酸素摂取量~ VDOTその1 ~最大酸素摂取量~の続きです。 ④どうすれば目標値まで向上するか? Jack_Daniels氏は以下のペースでのトレーニングを提案しています。下にいくほど強度が増します。トレーニングのやりすぎは怪我につながりますので、あせらず取り組んでくだ...
LSD(Long Slow Distance) 方法 長距離をゆっくり走ります。 本当の意味でのLSDは初心者や一般ランナーには難しいかもしれません。ペースは諸説あるようですが、E (Easy) & L (Long) Runs程度で走りましょう。 効果 有酸素能力の向上 エネルギー生産能力の向上 ...
インターバルトレーニング 方法 ランニングと目標とするペースより早いペースを交互に走ります。 トータル20~30分程度で、距離又は時間で区切って行います。 効果 心肺能力の大幅な向上 留意点 運動前に十分体を温めてから臨みましょう。 運動強度が高く、ケガ予防のため体調...
ビルドアップ走 方法 徐々にペースを上げていく方法です。最後は目標とするペースより早いペースで走りましょう。 最初は3~5km程度から始めるのが一般的なようです。1km毎に、3~4段階で徐々にペースを上げていきましょう。 距離ではなく、時間で区切ってペースを上げるなどのバリエーションもあります...
身体測定をしよう 最大酸素摂取量やAT値などの説明をしましたが、もっと正確に身体測定したいという方におすすめの施設を紹介します。 東京体育館/施設利用ガイド/健康体力相談室 では、全持久力測定と筋力測定が受診できるとのことです。 ・全持久力測定 全身持久力測定は、運動中の血圧・心拍数・心電図を見て呼吸循環機...