新ルールではヴェイパーフライはOK、アルファフライはNG

ナイキ社製のいわゆる「厚底シューズ」について、東京オリンピックでは規制され、利用できないのではないかと報道がされていましたが、とりあえず、市販されている「厚底シューズ」のヴェイパーフライ(Vaporfly)は利用できるようです。

ただし、フルマラソン(非公認)で世界で初めて2時間を切ったケニアのエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)が履いていたとされる「超厚底シューズ」のアルファフライ(Alphafly)については規制されることとなりそうです。

世界陸連(World Athletics)の発表

World Athletics | World Athletics modifies rules governing competition shoes for elite athletes| News
World Athletics has today amended its rules governing competition shoes to provide greater clarity to athletes and shoe manufacturers around the world and to pr...

具体的には、以下の通りです。素人翻訳なので、誤読があればご指摘ください。

  • 世界陸連のワーキンググループにおいて競技用シューズのルール改正について検討され、今日(1月31日)、評議会で承認された
  • ルールは2020年4月30日から適用され、オープンマーケット(オンラインまたは店頭)において競技で使用する前に4か月以上、購入できる状態にあることが必要
  • そのシューズがすべての人に公開されていない場合はプロトタイプとみなされ、競技での使用は不可(医療上の理由でカスタマイズされている場合はOK)
  • 世界陸連として新しいシューズが規則または規則の精神に準拠していないと判断した場合、調査のためそのシューズまたは使われている技術の提出を求め審査する
  • ソールの厚さは40mm以下
  • シューズの全長に剛性のある複数のプレートまたはブレードを入れてはいけない(入れていいのは「1枚」。ただし、1つの平面に重ならず連続して入れる場合は「1枚」でなくてもよい)
  • スパイクについては、スパイクを取り付ける目的のプレートであれば、もう1枚つけてもOK。ただし、ソールは30mm以下
  • シューズが規則を遵守していないという合理的な理由がある場合、競技の審判はそのシューズの提出を求めることができる
  • 専門家で構成されるワーキンググループを設置し、シューズに関する技術の評価していく

ヴェイパーフライはOK、アルファフライはNG

ヴェイパーフライはプレートが1枚でソールは36mmと言われていますので、OK。

アルファフライはプレートが3枚入っていいると言われていますので、NG。

ちょうど間をとって一定の配慮をしたということでしょうか。ヴェイパーフライがすでにかなり出回っている状況ですから、今更、禁止できないですよね。

タイトルとURLをコピーしました