方法

  • ランニングと目標とするペースより早いペースを交互に走ります。
  • トータル20~30分程度で、距離又は時間で区切って行います。

効果

  • 心肺能力の大幅な向上

留意点

  • 運動前に十分体を温めてから臨みましょう。
  • 運動強度が高く、ケガ予防のため体調万全で望みましょう。十分練習できていない状況では、効果も期待できません(インターバルトレーニングだけでは効果がありません)。

(参考)
インターバルトレーニングについて、以下のページも参考になります。


Similar Posts