関連記事

VDOTその1 ~最大酸素摂取量~   ①何を指標とするか?:VO2max(最大酸素摂取量)、VDOT 厚生労働省の資料によると「個人が摂取できる単位時間当たりの酸素摂取量(l/分、あるいは ml/kg/分)の最大値」と定義しています。この数値が高いほど、強度の運動ができることになります。 以下の数字が「生活習慣病...
VDOTその2 ~最大酸素摂取量~ VDOTその1 ~最大酸素摂取量~の続きです。 ④どうすれば目標値まで向上するか? Jack_Daniels氏は以下のペースでのトレーニングを提案しています。下にいくほど強度が増します。トレーニングのやりすぎは怪我につながりますので、あせらず取り組んでくだ...
ストレッチをしよう 走る前のストレッチは怪我防止など、走った後のストレッチは早期の疲労回復などに効果があると言われています。習慣化して、取り組めれば効果がありますが、やり過ぎにはご注意ください。 glico POWER PRODUCTION グリコのプロテインなどのサプリメントのブランドサイトです。...
どんなランニングフォームがいいか?... マラソンや箱根駅伝を見ていると専門的に走っている方でもいろいろなランニングフォームがあるのがわかるとおり、ランニングフォームに正解はありませんが、ウェブで比較してみたいと思います。あなたにぴったりのランニングフォームを是非見つけてください。また、正しいランニングフォームは怪我の予防にもなります。 ...
マフェトン理論 マフェトン氏が唱えるハートレート(心拍数)を目安としたトレーニング理論であるマフェトン理論を紹介します。私なりに理解する主なポイントは以下のとおりです。 ・マフェトン氏はハードなトレーニングを積んでいるアスリートが風邪にかかりやすかったり、怪我が多かったりと、必ずしも健康的でな...