関連記事

VDOTその2 ~最大酸素摂取量~ VDOTその1 ~最大酸素摂取量~の続きです。 ④どうすれば目標値まで向上するか? Jack_Daniels氏は以下のペースでのトレーニングを提案しています。下にいくほど強度が増します。トレーニングのやりすぎは怪我につながりますので、あせらず取り組んでくだ...
ランニングウェアを買おう!~コーディネート編~... 基本的には動きやすく、季節や気温にあったウェアであれば、ランニング向けのものでもなくてもオッケーです。どちらかというとカッコイイものであれば、モチベーションもあがりますので、そちらの方が重要かも。 また、最近は機能性タイツを履いている方も多いですので、マラソンに挑戦しようという方は高価ですが購入を...
AT(無酸素性作業閾値) AT(Anaerobics Threshold 無酸素性作業閾値)は、 運動の強さを増していくとき、筋肉のエネルギー消費に必要な酸素供給が追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値 最近ではより具体的な指標として、乳酸性作業閾値(Lacta...
インターバルトレーニング 方法 ランニングと目標とするペースより早いペースを交互に走ります。 トータル20~30分程度で、距離又は時間で区切って行います。 効果 心肺能力の大幅な向上 留意点 運動前に十分体を温めてから臨みましょう。 運動強度が高く、ケガ予防のため体調...
ランニングステーション 【料金】 ビジター:700円 adidas RUNBASE Twitterフォロワー:600円 【営業時間】 平日7:00~22:30 (最終受付時間 21:30) 土日祝7:00~20:00 (最終受付時間 19:00) adidas RUNBASE Tokyo...